全てはある質問から始まります。いかにしてライダーのニーズ、特にそれがさらに速く走りたいというものであるときに、より良い形で答えるのか? シンプルながらも答えるには何年もかかる問題です。S-Works Evade スキンスーツの場合、コンセプト、デザイン、テストおよびその繰り返しに、三年を要しました。何度も繰り返したのです。

衣服がどのようにして作られているかを考えるとき、それはテレビの実録番組でもオシャレなデザインブログでもありませんが、非現実的な考えにかられがちです。デザインとは偏見と先入観を持たない、真実なのです。結局のところ、それは衣服ビジネスであり、ここでは史上最速のスキンスーツのことを指しています。色眼鏡で見るのは止め、S-Works Evade スキンスーツの性能がいかにして現実のものとなるのか、探ってみましょう。

全てはある質問から始まります。いかにしてライダーのニーズ、特にそれがさらに速く走りたいというものであるときに、より良い形で答えるのか? シンプルながらも答えるには何年もかかる問題です。S-Works Evade スキンスーツの場合、コンセプト、デザイン、テストおよびその繰り返しに、三年を要しました。何度も繰り返したのです。しかしこの誕生という連鎖���始まる前、このス���ン���ーツはカリフォルニア州モーガンヒルニアにある巨大なビルの窓脇のコンピュータから抜け出て、セキュリティードアをくぐり、二階に行く必要がありました。「Designed in California(カリフォルニアにてデザイン)」というタグが明らさまに示す一方、これが型入れか���製作に関わったアンナ、マッケンジー、ピーターたち「によって」作られたという言葉を使っていれば、さらに適切となったでしょう。しかし今回は、それには触れません。

���ら���る衣服の基礎は、パターンと呼ばれています。あなたのお気に入りのジーンズが8ピースのジグソーパズルに分けられていると考えてください。各ピースは全���の���ターン���構成しており、生地を裁断して完成品となるよう、正確な形状と寸法の基礎として働きます。では、その数値を3、4倍に増やせば、スキンスーツのパターン開発の複雑さがおわかりいただけるでしょう���パズルの例えをまだ用いるなら、パズルが計画通りに一つにまとまるよう、ピース一個一個を正確に裁断しなければならないのです。衣服ビジネスではパターンの作成が、衣服の生産面で最も���間を要する難しい過程���一つであり、多くの衣服生産者はこの責任を、大まかな言葉での理想像と共に、外部の製造業者に委託することを選んでいます。言うまでもなく、彼らの生産方策は、私たちのスキンスーツの理想像とは一致しませんでした。代わりに、全行程をモーガンヒルの社内で行えるよう、設備を���えたのです。

全てはある質問から始まります。いかにしてライダーのニーズ、特にそれがさらに速く走りたいというものであるときに、より良い形で答えるのか?

工業デザインの経歴をお持ちなら、CAD(コンピュータによる設計支援ツール)と呼ばれるコンピュータ設計プログラムをご存知でしょう。基本的に、CADにより���デザイナーはデザインを正確に描いてまさにそのものをデジタルで実現できるのです。私たちは、非常に細かい衣服のパターンをデジタルで作成できる、よく似たソフトをパターンデザインのために使用しています。このツールは、生産過程の試作段階で加える調整の時間を大幅に短縮するため、非常に重要です。また、スキンスーツを構成する各種素材の自然な伸縮性に配慮して、デザインすることもできます。ここから、私たちはデザインの重要な点、つまり素材のテストと選択へと移るのです。

試作品ができる前、あるいはデジタルパターンの完了よりも前に、使用予定の生地が私たちの掲げ���高い空力性能目標に達するよう、ウィントンネルでテストされます。私たちが他のサイクリングアパレ���デザイナーよりも明らかに優れていると感じるのはこの点です。私たちはオフィスの���ぐ近くに独自のサイクリング専用風洞を持っているのです。通常、スキンスーツの風洞テストでは、デザイン会社は遠く離れた風洞を、無駄にできない限られた時間を予約して使用する必要があります。彼らは高価な風洞を短い間貸し切り、慌てて試作品をテストし���のち、会社に戻って、調整に必要な事柄を図面に描いていくのです。ほとんどの会社は資材のみを所有し、生産過程にコストをかけ過ぎずにこの過程を数回繰り返す程度です。Evadeの強みは、好きな時に自社設備を利用して、風���テストをデザイン過程に取り組めることにあります。���って、このスキンスーツはウィントンネルでデザインされたと言っても良く、私たちは「ウィントンネル製」と呼んでいます。

この重要性を証明するため、私たちは風洞で空力性能の可能性を決定すべく、数百もの見込みのある素材をテストしました。素材が選ばれると、コンピュータモデリングに取り込みました。これが極めて重要なのは、生地は異なるデニール(線密度、糸の太さ)と繊維の方向を持ち、それゆえ伸縮性が異なるからです。パターンの作成時、空力性能と全体的なフィット感の両方を高���る予測可能���方���で、素材を配置し、形作ることがで���ました。これを数ヶ月繰り返してようやく、デジタルパターンを試作品に起こす準備が整いました。

デザインチームの階下には、アパレルスタジオがあります。デジタルが実物に変わるのがこの場所です。コンピュータモデリングしたパターンが実寸で印刷とカットされ、チームが事前に選ん���生地をサイズに合わせて裁断していきます。ここから、これらの生地を試作品へと手作業で仕上げていくのは明らかであり、完成したスキンスーツをフィットモデルに着用して、調査やさらなる改良をします。ここにまたしても私たちの優位性があるのですが、それは目に見えてわかるものではありません。毎日、多くのスペシャライズド従業員はモーガンヒルの路上に集まり、伝説的なランチライドへと出かけます。つまり、試作品を朝に組み立て、ランチライドでテストをしてフィードバックを得て、夕方までに���し合った試作品を再テストする準備が整います。これにより、スーツのフィット感を確実に向上でき、何と言ってもこのことが、袖の長さ、足の開���部、ジッパー、シャミの位置などの調整に至るのです。

チームとライダーが満足した機能するモデルと共に、ウィントンネルへと戻って空力性能テストの大半を行います。ここで諸問題を打開し、最初のデザインの理想が現実となります。Venge ViASと同様、ささい���進歩でも煮詰まれば、スキンスーツのあらゆるディテールを軽視しませんでした。これは、風洞で集めたテスト情報に基づくデ���インに手を���えたことを���味します。できる限りタイトなフィットのための完璧な縫い目の位置決定、Dimplex 生地の肩部への意図的な配置、縫い目の溶着、かさばる袖口の排除などは、ウィントンネルにより行われました。

従って、このスキンスーツはウィントンネルでデザインされたと言っても良く、私たちは「ウィントンネル製」と呼んでいます。

このテストはまた、重要な打開にも繫がり、その多くは当時初となるものでした。Evadeの肩部構造を例にとると、前面に縫い目がないことに気づくでしょう。一般的に、ジャージ���この部分は、腕部に独立したピースを使用しなければならないのですが、これでは縫い目が増え、フィット感は下がります。私たちのテストは、この縫い目を完全に排除することで、スキンスーツに大幅な空力性能面でのメリットがもたらされる、と示しました。

私たちのデザインが特許を取得できたのは、そのためです。しかし、さらに重要なのは、ウィントンネルで数年に及ぶテストが行われ、デザインをデジタルとスタジオの両方で調整し、現実世界での数シーズン分のフィードバックをアスリートから得て初めて、S-Works Evade スキンスーツは平均的なライダーに、距離40kmで96秒の短縮を可能にさせるということです。

他の優れた製品と同じく、スキンスーツは工場で成長し、完成品となる時が来ます。しかし、私たちの求める水準そのものを満たすことのできる工場の数はとても少ないのです。一般的に、デザイナーはパターンを製造業者に送り、ここで生産過程が生まれて評価されます。変な話ですが、多���の製造業者は自社設備の能力で生産を能率化するために、デザインと共にある権利を手に入れます。私たちのデザイン特性を考えると、このことが生産を複雑にします。加えて、スキンスーツを11サイズで展開したいという私たちの意向もあ���ためです。最後は特に重要です。なぜなら、豊富なサイズにはショート、スタンダード、トールとどれも異なるサイズが含まれますが、これがウィントンネルでテストしたものと全く同一のフィッ���を保証するからで���。その結果、全てのライダーが予測可能かつ公平に時間を短縮できます。骨の�����れる作業を数年行ったのち、私たちは製造業者に、ライダーの短縮した96秒を一秒たりとも無駄にさせませ���でした���従って当然ながら、私たちは完璧さを追い求めて、精巧なモノづくり発祥の地、イタリアに向かったのです。そこで私たちの理想像に、最高のディテールを持たせて世界に提供できるパートナーを見つけました。

完璧なものにするまでは長い道のりであり、当然それは、有名人の審査員やファッションウィークのランウ���イショーほど魅力的なものではありませんが、S-Works Evade スキンスーツは私たちの知る全て、つまり���熱、意欲、執着心、空���性能、そして古き良き努力を全面に出しています。これは、才能が新たな才能を呼び、各過程でチームがそれ自体を追い込むことで起こる良い例です。しかしさらに重要なのは、何年もの努力が史上最速のサイクリングウエアを生み出し、これがスピードをとにかく向上させたい全てのライダーにメリットをもたらす、ということです。