私たちは、マーケティングの大げさな謳い文句には興味がありません。本当に、エアロはすべてだからです。これは、私たちの作るすべてのデザインに取り入れられた特性であり、世界最速の製品ために新基準を打ち立て続ける理由です。

Innovation

Aero is Everything

空気抵抗とは結局のところ、サイクリストに影響を与える唯一最大の力です。これを完全になくすには走行を止めるしかなく、軽減させることが重要です。だからこそ、空力専門家の集団を結成し、彼らの目的達成に必要なツールを揃えるのに出費を惜しみませんでした。そのツールとは、コンピュータによる流体力学(CFD)やバイクに乗った状態でのデータ収集(DAQ)。そしてもちろん、彼ら専用のウィントンネル(風導施設)を、カリフォルニア州モーガンヒル本社の道向こうに設立しました。これらを踏まえ、そして業界で最も革新的な集団が自由にこれらツールを利用できることから、エアロの革新がものすごい速さで生まれ、より短時間であなたを今まで以上に速くさせることができたのです。クリス・ユー、マーク・コート、クリス・ダルージオ、キャメロン・パイパー、そしてチャック・ティシェイラ。彼ら率いるこのエアロ専門チームは、全員合わせて50年もの長さのエアロ開発経験を持ち、ウィントンネルで2万時間以上も過ごしてきました。彼らの専門知識や存在は類いまれなものであるだけでなく、科学を新たな方法で進展させるのに重要です。結局、飛行機で移動するのではなく、道向こうに渡るだけの近さで風洞実験ができてしまえば、通勤用のフェンダーやダウンヒルの世界チャンピオンをより速く走らせることができます。これは究極の自由であり、ここからサイクリング業界には知られていなかったイノベーションと言う文化が育まれてきました。つまりこの集団は、スペシャライズドのバイクの挙動を安定させるためにサンディエゴまで行き、丸一日掛けてヨー角のテストをする代わりに、自由に空論家となり、寝た子を起こすかのように未挑戦のデザインに取り掛かれるのです。

Tools of the Trade

CFDを利用するのは私たちだけではありません。クリス・ユーら空力専門家も、仮想空間で多様な形状や表面を扱うためにこれを利用します。これがあるおかげで、クリスはさまざまな流体が対象物上を流れる様子をシミュレーションし、それらの空力性能をテストできます。CFDにより、私たちはシミュレーションを介して実世界では見られないもの、例えばフレーム上の空気抵抗といった目に見えないものを見ることができます。これは、空力特性を予測する上で非常に便利です。しかし、私たちの使い方が通常と異なるのは、試作品を開発してウィントンネルでテストをする前に、失敗作となったデザインを破棄できる点。午前中にCFDでデザインとテストを、午後に試作品の3Dプリントを、終業前にウィントンネルでテストをできるという意味で、私たちは他社とは異なる立場にいます。次はスペシャライズド独自のDAQ システムです。路上とベロドロームで用いられるDAQは、パワー、スピード、ライダーのポジション、風向きのデータを利用し、ライダーに掛かる実際の空気抵抗係数を測定します。このテストから得られた情報により、Body Geometry Fit チーム、レーススタッフ、選手自身にパフォーマンスを向上させるポジションの変更点をアドバイスできます。ウィントンネルの方がより精確ではありますが、そこで学んだことを実世界の走行と組み合わせることほど有効なものはありません。

もちろん、全体的なエアロ事業の要は独自施設のウィントンネルです。スペシャライズドの厳格な水準を満たすよう設計・設立されたウィントンネルは、世界最高のサイクリング専用風洞施設です。これは実際のバイク速度のために最適化され、プロトンやチームタイムトライアルなどの集団走行を模擬的に行えるよう、複数のライダーが同時にテストできるほどの広さを誇ります。こんなチームが本社の目の前にいて、費用や時間を心配せず気軽にテストを行えるため、作るものなら何でも、例えば通勤用ヘルメットやアパレルなども、自由にテストできます。また、教育用施設としても利用され、テストを観察して学べるよう、フィッターや販売店用の部屋があります。これが製品開発やバイクショップでの経験に直接関係してくるのです。