トレイルでの効率を最大限に引き出すために、ブレインサスペンション技術が開発されました。バイクのフロントサスペンションでもリアサスペンションでも、ライダーの上からのインプットとトレールのバンプを区別することができ、サスペンションを圧縮する際にペダルを漕ぐ力が無駄にならないようにします。

Innovation

Brain Technology

究極のサスペンション効率と操作性となれば、スペシャライズドのブレインサスペンションテクノロジーに勝るものはありません。スペシャライズドのXCデザインに多く使われており、マウンテンバイク界でも要求の多いライダーのために、さまざまな地形で優れるよう改良とチューニングされてきました。その証拠に、ブレイン搭載のEpicは、クロスカントリー世界選手権で優勝した初のフルサスペンションバイクです。そしてこれまでに何度も優勝を飾っており、その度にライダーは、この他にはないブレインショックに乗り、勝利へと突き進みました。そしてEpicに搭載された新型ブレインは、早くもワールドカップ男子と女子の両方で好成績を収めています。

「それで、どういうものなの?」と思われていることでしょう。答えはシンプル。これは、より速く走り、確実な操作を可能にする装置です。コンセプトはとてもわかりやすいですが、それを実現するのは別の話。結局のところ、フルサスペンションバイクが出現して以来、ハードテイルとフルサスペンションバイクは、求められる技量や好みが正反対になりました。ブレーキングによる『お辞儀』やチェーンの伸びのリスクがない分、前者はペダリング時の速さに優れています。後者は反対に、荒れた路面を物ともしませんが、ペダリング効率は下がります。しかしブレインは、イナーシャバルブテクノロジーがそのテクノロジーの典型例であり、両者の差を埋めます。これは、ライダーの入力と路面からの衝撃を区別することができます。つまり、滑らかな路面では無駄に動かず効率を高め、荒れた路面では積極的に動いて操作性を高めるのです。スペシャライズドのリンクシステムと組み合わせると、これは力により生じるリアサスペンションの動きを排除するという点で、世界最高のサスペンションデザインと言えます。アクティブで独立したシステムは、力がシステム内に掛かるとニュートラルとなり、影響を受けません。ブレインテクノロジーを用いることで、ペダルトルクにより生じる動きをリンケージで相殺し、激しいペダリングなどの体重移動による入力を受けてもフレームを安定させられます。


A New Brain Emerges

Epicのためにブレインを再び作り上げ、当初から好まれていたものはそのままに、そこから改良を重ねました。そして今や、慣性モーメントが生じるアクスルまでの長さが縮まり、さらに応答性に優れたシステムが完成しました。次にオイルポートとエアの回路の設計を見直し、オイルの乱流を軽減、ダンピングの一貫性がさらに高まりました。そして見た目の完成度を上げるべく、ホースのフィッティングをデザインし直し、無駄なパーツや曲線をなくしました。しかし、名言にもある通り、大切なのは中身です。よりスムーズに、そしてより固くなるよう作りたかったので、スムーズさに定評のあるブラダーシステムを採用し、新型ブレインではイナーシャおよびスパイクバルブ・メインステイを作りました。その仕組みを説明するには、文庫本数冊が必要ですが、要はそれらが互いに働き合い、ダンピング、トラクション、直進安定性、振動吸収性を向上させます。つまり、確実にコントロールしながら、より速く走れるようになったのです。

初期のブレインは、マクロ的な動きに対するダンピングスイッチでした。トレイルの状況に合わせて、振動吸収モードかペダリングモードを選んでしばらくそのままとなるのですが、結果としてサッと切り替わることはなかったのです。より新しい世代のブレインショックのシステムは、ミクロ的な動きを感知すると、それに従って調節できます。ここ数年はブレインの感度を高め、エアの回路を取り入れてショックの初期動作を向上させるのに努力してきました。また、現行ブレインショックが初期モデルの重さの半分しかないミクロダンパーデザインを採用しているとなると、XCライダーは聞き逃せないでしょう。

Mike "Mick" McAndrews