私たちはライダーです。1974年以来、SPECIALIZEDのあらゆる決断はこの事実を核として下されてきました。高品質のタイヤがなかった時代には、最高のタイヤを作る努力を惜しみませんでした。ダートを走れるクルーザーバイクを人々が欲しがった時には、初の量産型マウンテンバイクを世に送り出しました。ロードバイクのライダーがもっと高速で走りたいと言えば、カーボンに賭けて自前の風洞施設を作りました。学校生活でうまく集中ができない子供たちがいるのを目にしたら、サイクリングを通して彼らを助けるためにSPECIALIZED財団を設立しました。

SPECIALIZED―ライダーによる、ライダーのためのバイク

マウンテンバイクがこの世に登場して以来、STUMPJUMPERも存在しています。

マウンテンバイクの登場とほぼ同時に、トレイルへのアクセスの問題が発生しました。1987年まで、バイクは公有地から締め出されていたのです。しかしその年、私たちはバイク権利擁護団体の円卓会議に参加し、6ヵ月のうちに国際マウンテンバイク協会(IMBA)が設立されました。SPECIALIZEDはじきにトレイルアクセスの伝道者になりました。私たちはこの問題について業界全体で考える初の会合を後援し、何人かの社員がIMBA理事に就任しました。トレイルの唱道者がいなければ、守るべきトレイルも存在しえない――単にそういうことです。

児童生徒の9人に1人がADHD(注意欠陥・多動性障害)と診断されている現在、あなたもおそらく、学校生活での意識集中に困難を抱えているお子さんをご存知でしょう。もしかしたら、SPECIALIZED創業者でCEOのマイク・シンヤードと同様に、あなた自身がその症状を持っているかもしれませんね。SPECIALIZED財団は、この問題に取り組むために2014年に設立されました。501(c)(3)団体(合衆国の内国歳入法第501条C項により課税を免除される非営利団体)である当財団は、学術的な一次調査と学校を拠点とするサイクリングプログラムへの出資を通じて、子供たちが集中力を養う一手段としてライドを始められるよう、サイクリングを推進する活動をしています。

サイクリングは人生を変える――私たちはそう信じています。

WHY WORK HERE