SWAT™ Technology

荷物が多くてバックを背負わなければいけない? 何年もの間、これは私たちを絶えず悩ませる質問でした。最終的にはバイクとライダーの身体の両方でストレージを見直すよう促しました。

SWAT™ Technology

荷物が多くてバックを背負わなければいけない? 何年もの間、これは私たちを絶えず悩ませる質問でした。最終的にはバイクとライダーの身体の両方でストレージを見直すよう促しました。

INNOVATION

SWAT™ Technology

高級車の車体にダクトテープでスペアツールを取り付けますか? モーターサイクルの燃料タンクにタイヤレバーを取り付けますか? もちろん、しないでしょう。でもなぜ、自転車乗りは工具類をMTBやロードのハイエンドモデルにテープでものをつけるのでしょうか? トライアスロン、ロードレースまたはトレイルライドのときに必要となるアイテムを携帯できる一体化された便利なソリューションはありませんでした。そう、SWATができるまでは。

当社のSWAT™テクノロジーを利用するには、幸運を費やす必要はなく、またスペシャライズドの自転車を所有する必要もありません。 私たちのSWAT™ショーツやベストなどは、ライドの必需品を背中や体に留め、どこに保管しているかまったく気づかれません。私たちはSWAT™テクノロジーを開発する際、体の動きを考慮し、さまざまな場所にポケットを配置しました。違和感や不快感を感じることなく商品を収納できます。これは鍵や7S Plusをどこに収納するか?という会話が過去に諦められてしまったことを意味しています。

article-image

swatTechnologyTwoUp95

マウンテンバイクにおいて、私たちはSWAT™をデザインの重要な要素としました。これはトレイルでのトラブルに対応するメカニカルツール、例えばフレームに取り付けられたETMマルチツールやトップキャップチェーンツールなどといった工具の収納と完全に統合させるためです。私たちのデザインするフレームはすべて快適に1本のボトルを取り付けられるようにするという考えを実現することによって、ハイドレーションパックを背負う必要もなくなりました。

article-image

swatTechnologyTwoUp96

バイクに乗車しているときのストレージソリューションでは、私たちのデザインに同様の「過剰な」アプローチを採用しました。 例えばトライアスロンの場合、Shivの空力特性を損なうことなく補給食、空気、ツールを運ぶために、Fuel Cell、Tripod、Tripodなどの統合的なストレージソリューションを開発しました。

もっとも印象的なことに、特許取得済みのSWAT™Doorは、究極の統合型ストレージソリューションを採用したセレクトカーボンフレームを提供します。ダウンチューブのボトルケージ部分を簡単に操作するだけで、フレームの性能や乗り心地を損なうことなく、膨大な量のストレージにアクセスできます。ストレージに収まるものなら何でもライドに携帯でき、さらに乗り心地も保つことができます。.