THE PRO-TEST MOVEMENT

プロサイクリストは驚異的かつ威厳のある人物であり、強さ、美しさ、「力を最後の一滴まで振り絞る」とてつもない決意という、ありえない離れ業を発揮できます。彼らはまた、バイクテストの被験者対象となるときもあります。

������サ���ク���ス���は���異���か���威���の���る���物���あ���、���さ���美���さ���「���を���後���一���ま���振���絞���」���て���も���い決������い���、ありえない離れ業を発揮できます。彼らはまた、バイクテストの被験者対象となるときもあります。これは良いことです。バイクやエキップメントに対する彼らのフィードバック--そして時には変わったリクエストも--は、最終製品の感覚や性能を左右し得るからです。それがエティックス-クイックステップなどのプロロードチームとのタイヤテストであれ、ボエルス-ドルマンスのエヴェリン・スティーブンスとの一年に及ぶS-Works Power サドルの開発であれ、プロがSpecialized製品をテストすることで、すべてのラ���ダ���に恩������も���らす発明や改良が生まれます。

オ���シ���、良い意味で

ほとんどのサイクリストにとって、十分なほどの純粋な力を発生させて、ペダリング中にシューズからカカトを���き���げ���という���えは想���を絶するも���ですが、ア���ベルト・���ンタドールにとっては、道理に叶っているのです。

コン���ド���ル���シューズの���ィット感を高めてほしいと最初に言い寄���てきた時のことを思���出して、「���分自身���全���経験す���な���ことをライダーに話させるのは面白い」と、Specializedのフットウエアデザイン責任者ロブ・クックは言います。「自分に聞くのです。一体どうやって、シューズからカカトを動かすのか、と。最初は何のことかさえ分かりません」。

「それを体験するために、実際にシューズを作らないといけないときもある」と、彼は言います。言われればに気付きはするけれど、自分がそのマイナス要素を感じられるほど、彼のよ���に十分に���くもな���の���明らかです。メリットさえ感じられたら、これが多くのライダーのためになるであろう改良だと分かるのです」。

この場合、プロからの性能アップのリクエストが、結果として新型S-Works 6およびSub 6 ロードシューズのカカトのフィット感をより高めることになりました。

「タイヤとなると…」と、タイヤおよびチューブ責任者ウルフ・フォルムワルドは言います。「ライダーによ���ては特���な注文を���ます。例えば、レース���で異なる地形を走るマウンテンバ���ク���ームの���合、アーロン・グウィン、アネク・ベールテ���、カーティ���・キーンなどのライダーと、彼らがタイヤに何を求めているかを話し合います。そして彼らのニーズを満たすよう動き(彼らのニーズを、地形に合った新トレッドパターンや、路面と地形に合ったコンパウンドに落とし込む)、彼らと試作品をテストします。良い結果が得られれば、実戦で使われるのです」。

しかし、特定のライダーのリクエストは、アスリートによるテストの一面でしかありません。製品開発担当は時として、新技術や���材を試し、プロ�������らフィード�����ックを得ようとします。ここで���スト過程は、やや不思議なものになることがあります。良いフィードバックを得るためには、発見を邪魔する先入観を植え付けないよう、時として即���の作業が必要となるのです。

「テスト中、私たちはアスリートにそれぞれのタイヤがどう異なるかを教えません。彼らのフィードバックが、各タイヤに対する私たちの予想する効果と一致するかどうか、知る必要があるのです」。

Wolf VormWalde, Director of Tires and Tubes

「テスト中、私たちはアスリートにそれぞれのタイヤがどう異なるかを教えません」と、フォ���ム���ル���は���います。「例えば数ヶ月前に、マウンテンバイクチームにコースを何度も走らせ、数種のタイヤをテス���してフィードバッ���をもらいま���た。���えば一つ目���タイヤは細���な凹凸の上をしなやかに走り、二つ目はやや硬めの感覚があり、三つ目はとても硬いケーシングを用いて衝撃が大きくなる高速時に安定感を与えるものだとします。しかしアスリートは何も知りません。彼らのフィードバックが、各タイヤに対する私たちの予想する効果と一致���るかどうか、知る必要があるのです」。

では、どのようにアスリートに秘密にするのですか?

「タイヤを別々に教えるときは、側面に番号を書いたり、点をつけたりします」と、彼はタイヤを混同しない方法を説明します。「しかしこの印が問題になることあるのです。というのも彼らレーサーは…」と、ここで話を止め、適切な言葉を探します。「二番のタイヤを試したから、二番と書かれたタイヤが欲しい、二番と書かれていないとダメだ、というのです。そして新しい試作品を手渡され、その数���がないことに気づきます。なぜならその数字はテストを行���た日に、ただマーカーで手書���し���も���だから���す」。

フィードバ���ク自体は、分野���よって���個���の見解���基づいた生のデータが混ざり合っ���ものです。

「も������������んロー���チ���ム���、ハンドリングに関しては、より個人の感覚に基づいたフィードバックを持ち帰ります。この部分がマウンテンとの共通項のようです」。

「クリストフ・サウザーですか? 」と、彼は言います。「彼なら、数キロの周回コースを一日中走っても、ペースはほとんど変わりません」。

「何かが悪い場合、解決するのは簡単です。しかし、性能の向上を求めていて、あなたがそれを感じられない、あるいは経験したことのないライダーであれば、この時にさらに良いものを水準以上で作る方法が見つかります」と、フットウエアデザイン責任者ロブ・クックは言います。

女性プロサイクリストのエヴェリン・スティーブンスには、あなたが初めて耳にするであろう、サドルのプリンセスという評判があります。しかし、彼女がS-Works Power サドルをチームと共同で開発する候補者に最適な理由は、この特質--わずかに「違う」サドルに対する彼女の敏感さ--なのです。

「何���が違うと���じたら、いつもはっきりと伝えてきたの」と、彼女は言います。「より倒した前傾姿勢が取れて、���つ快適に感じられる���ドルが欲しかっ���の」。

彼女がテストやサドルチームと関与したのは、Sitero サドルが最初です。そのサドルを使いながら、ポジションに関する彼女のフィードバックが自然とチームに集まり、ライダーに高い「パワーの出せる」ポジションを与える新型ロードサドルが開発されたのです。

「エヴィーがすごいのは、サドルのテスト期間を設けるところです」と、サドル開発主任、ニック・ゴッセンは言います。「彼女は試作品���持ち帰って、一週間でも一ヶ月でもテストしてから、フィードバックを与えてくれます。彼女は自分が何を求めているかを知っており、それを明確に表現できるのです」。

フィードバックごとにサドルに改良を加えていく過程は、やや即興でDIYをしているように聞こえますが、この対応の素早い改良により、さらに完成度の高いサドルの最終版が出来上がるまで、テストの���実施は���単にな���て���きます。

「最���は������と、ゴ���センは�����います���「製品版サドルを解剖して、�����良するだ��������し�����。���まり���ヴィー���走っても���安全にテストできるよう���、メスやエ���キ���な���、���ドル構造を安定させられる物なら何でも用いたのです」。

���彼���と���緒に������く���か���事���試せるよう、サドルを2、3個作りました。一つ目はノーズの長さです。他にはフォームの密度やサドル後部の曲がり具合を変えました。これが選択肢を絞り込み、Power サドルに求める方向性を決める役に立ちました。彼女が特に気に入った物もあり、テスト中に彼女仕様のサドルが決まったので、結局そのモデルを常に使うことになったのです」。

私たちはレースをし、バイクに乗り、身体を大切にするから、良いフィードバックを与えられると思うの。結局、週に二回バイクに乗りたい人も、そこからメリットを得られるのよ

Evelyn Stevens, Boels-Dolmans Cycling Team

これら初期の���作���、���に彼女���気���入った最後の試作品は、必ずしも見た目が美しくはありません。

「切り刻まれたサドルでした」と言うゴッセンは、そのサドルの醜い見た目を説明しながら顔をしかめます。「あまりに見た目が酷く、誰かが裏庭かガレージで作ったような出来でした」。

幸いにも、S-Works Power サドルの最終製品版ははるかに美しく、テスト中にエヴィーが与えてくれた貴重なフィード���ッ���へのお礼として、サドルチームは彼女専用のPower サドルを作りました。

そのサドルを見つめながら、エヴィーは言います。「私にとって、赤色は力と強さの象徴なの。それを見ると、そう感じるわ。バイクに跨ったら、強くなれ、力を出せ、と私に���うの」。

テストに関わるというのはどういうことなのでしょうか?

「私たちはレースをし、バイクに乗り、身体を大切にするから、良い���ィードバックを与えられると思うの。結局、週に二回バイクに乗りたい人も、そこからメリットを得られるのよ」。

「ヘンテコなものにも乗ってきたわ。でも運良く、私は自分の見た目をそれほど気にしていないの」。

���に���こ���るかもしれ���せ���が���モーガ���ヒルに���る���ペシャライズド本社���ストラボ内のテストロボットの中���は、プ���アスリート���好���す���て、彼らの生活をそっくりそのまま真似するものがありま���。研究室という特異な環境にて、現実世界の再現に対して献身することは、すべての人に安全なバイクを提供する我々にとって必要なことなのです。

テストラボは、それぞれの機械が割り振られた仕事を何度もも繰り返し、現実世界で起こる事象を管理下で模擬的に行うという、メトロノーム運動の場です。

「例えば、ここにある機械は…」と言うのはテストラボ主任サンティアゴ・モラレスです。「ブレーキ! ブレーキ! ブレーキ! と言い、向こうの機械は、全力スプリントの最もキツい部分と同じ強度で、漕げ! 漕げ! 漕げ! と言います」。

その部屋を見渡すと、これらロボットが至る所にあり、フレームの統合性からホイール強度までテストしています。ホイールを障害物の上に持ち上げてから激しく衝突させる設定で作動し、他の物はジャンプの距離が届かなかった時を想定���て作動しています。ホイー���は���れ���れ���ペ���スで回転し、長い下り坂でのブレーキから発生す���熱���リムに与える影響や、時速45kmで凹凸に繰り返し衝突した場合の影響をテストしています。極端な状況ではありますが、各機械でこれらテストを設定するためには、まずは現実世界で何が発生するかを理解し、テストのパラメーターを造らなければなりません。ここで、ラボでのテストとアスリートが関わるのです。

「最初に知ること」と、モラレスは続けます。「それはバイクの国際基準が最低限の安全性を確保するよう意図されており、その���準は古く、限定的なものがほとんどである。例えばマウンテンバイクには、一つの基準しかありません。ですが、考えてみてください。マウンテンバイクにはたくさんのジャンルがあります。クロスカントリー、エンデューロ、ダウンヒルなど、すべては異なります。従って、ダウンヒルバイクをその最低限の基準に対してテストすれば、良い結果を得られるでしょう。これこそ、私たちが時間をかけて独自基準を作り、そのバイクが直面することになる特定条件を満たすテストする理由です」。

「ここでアスリートの力を借ります。彼ら--社内およびプロのアスリート--からデータを集めるので���。そのデー���が、例えば���レ���ムに掛かる���を教えてく���ま���。テスト���開発���る���、フ�����ームに掛かるこれら力を、���工的な設定で一致させます。アス���ートは製品に対し、最も高度な要求をする���物です。最高レベルで戦う彼らのニーズを理解することで、これら数値を用いて、その状況を再現するテストを設計できます。従ってテストは、アスリートから得たデータと、究極の走行環境に対する調査の組み合わせなのです」。

データ収集方法の一つは、「歪みゲージ」を搭載したバイクを使うことです。

「サガンはこれに乗りました」と、研究室の壁に掛けられ、センサーが満載の銀色のバイクに言及して、彼は言います。「これらセンサーの一つ一つは、フレームチューブの伸縮量を測定し、その荷重を逆算できます。アスリートをこのバイクに乗せれば、彼の走り方に対してフレームがどのように反応しているかを測定することになります。そしてそのデータを持ち帰り、それを再現するテストを作るのです」。

モラ�����������話している���、研究室である音が聞こえました。「壊れました��� 」。マウンテン���イ���の���レームが「���ートチューブへの最大応���」に屈したためで、皆が耳を���い���した。この���ス���は着地���失敗して激しく���突���る状況を再現するも���でした。製品は突然壊れますが、その犠牲には���壊原因が記され、���の壊れ方が重要となります。彼はRoval ホイールの破片を取り上げ、「ブレーキ熱により破損」と側面になぐり書きされた言葉を見せました。

「ここではたくさんの物を壊します」と、モラレスは笑いながら言います。「それも、冗談じゃないほどの量を」。

プロアスリートには、様々な仕事が課せられます。彼らは子供や大人のヒーローであり、雄大な山岳ステージをやっつけ、急すぎる岩場を恐れることなく下るのです。しかし、表彰台に立ってシャンパンを浴びるのが全てではありません。自らを優位に立たせる物事に進んで挑む態度を利用して、彼らはバイクとエキップメントを私たち全員のためにより速く、安全に、そして優れるよう、あるとても重要なこと、つまり「ライド」に対して、作る役割を担うのです���