シクロクロス

バリアが取り払われ、疲れ切った顔から泥をぬぐい取ると、そこには笑顔があります。凍えた指先に感覚が戻り、泥を水で洗い流せば、私たちは笑うのです。なぜなら、シクロクロスの過酷さと、その大変さを知っているからです。この事実にも関わらず、私たちはレース当日にアドバンテージをもたらすシクロクロスバイクを作り続けています。世界チャンプから週末のホビーレーサーまで、私たち全員はあることの下で一つになります。それは、シクロクロスへの愛です。