Icon
Search Icon
Clear Icon
Search Icon
Clear Icon
Clear Icon
Logo Icon
  • バイク
  • コンポーネント
  • アパレル
  • ギア
  • Inside Specialized
  • サポート
  • Logo Icon
    Inside Specialized
    Arrow Back Icon

    Innovate or Die

    Stumpjumperを一新

    開発するバイクに常に心血を注いでいるスペシャライズド。創立1974年以来、ライドの向上ばかりを考えて進んできました。しかし、プロジェクトの中には特別なものもあれば、リスクが単純により高いものもあります。マウンテンバイクのすべてはここから始まったと言っても過言でないのがStumpjumper。このバイクには、歴史の重み、過去から受け継がれてきたものを守る責任、そしてトレイルライドをもっと楽しみたいというライダーの絶対的な要望があります。これが、カテゴリーそのものを一新させる使命を受けたチームを待ち構えていた課題です。彼らがいかにしてその達成を実現させたのか、見てみましょう。

    「究極のトレイルバイク」は、ただのキャッチフレーズではありません。Stumpjumperは数十年にわたり、もっとも多才で走破性の高いトレイルバイクとしてのベンチマークを更新し続けてきたのです。シングルトラックで流れるように走り続け、急斜面を猛スピードで駆け下り、着地点の見えないドロップにも果敢に飛び込むなど、Stumpjumperのベンチマークとも言える走りをさらに引き上げるには、今まででもっとも軽く、効率的に走り、走破性の高いトレイルバイクを作る必要がありました。
    実にシンプルでしょ?

    新型Stumpjumperの一新では、バイクの中心、つまりはフレームの見直しから着手しました。ハンドリング、効率性、耐久性、軽量化のすべては、フレームそのものから始まります。スペシャライズドのカーボンラボで最近新たに発見された事実から、フレームの形状がその性能に大きな影響を与えることがわかっています。素材ではなく形状が、フレームの重量、剛性、耐久性の大部分を決定するのです。過去最大規模の有限要素解析の研究から、Stumpjumper フレームのチューブやそれらの接合部のサイズと曲率を最適化し、すべてのカーボンファイバーが可能な限りもっとも高い強度と剛性を実現させるように工夫しました。カーボンの各部が割り当てられた役目をしっかりと果たすと、最適化されていない部位に隠れてしまいがちな不必要な素材を排除することが可能になりました。

    形状はフレームのパフォーマンスの大部分を決定しますが、Stumpjumperのようなバイクでは、フレームからパフォーマンスを最大限に得られるようにしなくてはなりません。そこで、スペシャライズドがマウンテンバイクに今まで使用してきた中でもっとも高強度で高価なカーボンを選びました。カーボンレイヤー一枚一枚にもっとも適した素材を選び、それぞれの部位に求められるパフォーマンスを最大限に高めています。この最高の素材選びと形状の詳細な研究により、素材の使用量を最小限に保ったまま、ライダーはパフォーマンスを向上できます。

    新型Stumpjumperのフレームで大きな刷新を遂げたものの一つは、FlexStay。ホルストリンクを取り除いて軽量化と耐久性の向上を達成しつつも、4バーリンケージシステムであるFSRの動きに完璧に似せることができました。スペシャライズドはカーボンファイバーをどのように配置するかによって、シートステーの剛性を驚異的な精密さで操作できます。こうして、垂直方向にはしなるものの、横方向には驚くほど硬いチューブの断面形状ができあがり、これがリンクレスのFlexStayを可能にしました。