スペシャライズドについて
イノベーション
ストーリー
サステナビリティ
Ambassadors
Retül
Outride
Soil Searching
My Location

Enter your ZIP code so we can provide the most accurate inventory and delivery information.

Use My Location

See Full Map
Set Your Preferred Retailer

Use My Location

See Full Map
My Retailer

None saved

Other Stores Near You

0 results found near you

History of the Roubaix

Roubaixほどパリ-ルーべで圧倒的な戦歴を誇るバイクは他にありません。現在までに7度の優勝を収めてきたRoubaixは、その斬新なテクノロジーの試験場に北の地獄の過酷な石畳を選び、「スムースさ=速さ」 を何度も証明してきました。では、その歴史を振り返ってみましょう。

2004 Roubaix

「90年代後半に選べたのは、剛性が極端に高く、ヘッドアングルが立ち、チェーンステーがとても短いレースバイクだけ。しかも、そのようなバイクには実戦で使えるタイヤを履かせられず、使い物になりませんでした。また、乗り心地は悪く、長時間座れたものではありませんでした。そこでRoubaixを開発しました。」
— ロドニー・ハインズ、Roubaix初作の発案者

2008 Roubaix SL2

2007年にトム・ボーネンやクイックステップと契約を結んだことが、Roubaix SL2の開発につながりました。全体的なねじれ剛性と後ろ三角形の剛性に段階的な改善が見られ、機敏でハンドリング性能に優れつつ、垂直方向のコンプライアンスを十分に持つバイクが生まれました。トムはこのRoubaix SL2で2008-2009年とパリ-ルーべ連続優勝を飾りました。