History of the Roubaix

Roubaixほどパリ-ルーべで圧倒的な戦歴を誇るバイクは他にありません。現在までに7度の優勝を収めてきたRoubaixは、その斬新なテクノロジーの試験場に北の地獄の過酷な石畳を選び、「スムースさ=速さ」 を何度も証明してきました。では、その歴史を振り返ってみましょう。

History of the Roubaix

Roubaixほどパリ-ルーべで圧倒的な戦歴を誇るバイクは他にありません。現在までに7度の優勝を収めてきたRoubaixは、その斬新なテクノロジーの試験場に北の地獄の過酷な石畳を選び、「スムースさ=速さ」 を何度も証明してきました。では、その歴史を振り返ってみましょう。

2004 Roubaix

「90年代後半に選べたのは、剛性が極端に高く、ヘッドアングルが立ち、チェーンステーがとても短いレースバイクだけ。しかも、そのようなバイクには実戦で使えるタイヤを履かせられず、使い物になりませんでした。また、乗り心地は悪く、長時間座れたものではありませんでした。そこでRoubaixを開発しました。」
— ロドニー・ハインズ、Roubaix初作の発案者

2008 Roubaix SL2

2007年にトム・ボーネンやクイックステップと契約を結んだことが、Roubaix SL2の開発につながりました。全体的なねじれ剛性と後ろ三角形の剛性に段階的な改善が見られ、機敏でハンドリング性能に優れつつ、垂直方向のコンプライアンスを十分に持つバイクが生まれました。トムはこのRoubaix SL2で2008-2009年とパリ-ルーべ連続優勝を飾りました。

2010 Roubaix SL3

Roubaix SL3では、Tarmac SL3の開発で学び得たすべてを注ぎ込みました。超軽量の新フレームに Roubaixのジオメトリーを採用し、Zerts衝撃吸収ダンパーと内装式ケーブルを搭載。このバイクのデビューとなったパリ-ルーべで、ファビアン・カンチェラーラは圧倒的な強さをみせ、優勝を飾ります。フレームにモーターを隠していたのではという疑惑でメディアが騒ぐほど話題を呼びました。

2012 Roubaix SL4

Roubaix SL4は、剛性と重量のバランスを追求し、Zertsが搭載されたRoubaix最後のモデル。 フォークとヘッドチューブにテーパー加工を施して、ねじれ剛性と垂直方向のコンプライアンスをバランス良く両立させた一方、各チューブとレイアップをサイズごとに分けて製造しました。この時、CG-R シートポストも登場しました。このRoubaix SL4に乗ったトム・ボーネンは2012年に、ニキ・テルプストラは2014年にパリ-ルーべを制しました。

2017 Roubaix with Future Shock

「スムースさ=速さ」のコンセプトをもっとも根本的な形で捉え直して開発したのが、2017年登場のFuture Shockを搭載したRoubaixです。より軽くスムースになり、すべてのライダーに等しい乗り味をもたらすRider-First Engineered ™(ライダーファースト・エンジニアード™)を採用しました。そして、20mmトラベルのFuture Shockを搭載。パフォーマンスロードバイクがこんなにもスムースに走れるのかという、新たな可能性を打ち出しました。ゼネク・スティバルが2017年に2位獲得、そして2018年当時世界チャンピオンであったペテル・サガンがRoubaix6度目の優勝を飾りました。

2019 All New Roubaix

最新のテクノロジーを用いて製造した新型Roubaixは、Vengeより軽く、Tarmacよりエアロとなり、スペシャライズド史上もっともハイテクな1台となりました。 新しいFuture Shock 2.0は油圧ダンパー搭載の20mmサスペンションで、垂直方向に動き路面振動を吸収。さらに、新しいPavé シートポストは高い快適性だけでなく、優れたエアロ性能も発揮し、路面がどんなに荒れていようとスムースに走ることができます。
デビューイヤーである2019年、フィリップ・ジルベールがベロドロームでのスプリントを制し、Roubaix7度目の優勝を収めました。3位のイヴ・ランパールトを含め、新型Roubaixで走った選手が5人、上位10位内に入賞しました。

All-New Roubaix

2019年、新型Roubaixはよりエアロになり、軽量化され、Future Shockは走行中でも簡単にダンピング調整できるようになりました。Roubaixと共に歩むこと15年。ついに最速かつもっとも高性能なロードバイクが完成しました。

All-New Roubaix

2019年、新型Roubaixはよりエアロになり、軽量化され、Future Shockは走行中でも簡単にダンピング調整できるようになりました。Roubaixと共に歩むこと15年。ついに最速かつもっとも高性能なロードバイクが完成しました。