非日常へ導く究極のグラベルバイク

THE ALL-NEW DIVERGE

あらゆる地形を速く、確実な操作で安心して走ることのできる新型Divergeは、スペシャライズドの中でもっとも走破性の高いグラベルバイク。グラベルを快調に飛ばし、轍だらけのシングルトラックを楽々と走り抜けられるため、新型Divergeほどハイスピードで非日常を楽しめるバイクは他にありません。

非日常へ導く究極のグラベルバイク

THE ALL-NEW DIVERGE

あらゆる地形を速く、確実な操作で安心して走ることのできる新型Divergeは、スペシャライズドの中でもっとも走破性の高いグラベルバイク。グラベルを快調に飛ばし、轍だらけのシングルトラックを楽々と走り抜けられるため、新型Divergeほどハイスピードで非日常を楽しめるバイクは他にありません。

どこまでも大きな夢を抱こう

DREAM BIG. NO LIMITS

かつて同じバイクで同じ道を楽しんでいたとは思えないほど、現在のライダーは己の限界に挑んでいます。スペシャライズドはそんなグラベルライダーたちのニーズに応えるだけでなく、期待を上回れるようなバイクを作ることにしました。それが新型Diverge。もっと速く遠くまで走りたいと思わせ、そして道が過酷なほど喜ぶバイクです。

どこまでも大きな夢を抱こう

DREAM BIG. NO LIMITS

かつて同じバイクで同じ道を楽しんでいたとは思えないほど、現在のライダーは己の限界に挑んでいます。スペシャライズドはそんなグラベルライダーたちのニーズに応えるだけでなく、期待を上回れるようなバイクを作ることにしました。それが新型Diverge。もっと速く遠くまで走りたいと思わせ、そして道が過酷なほど喜ぶバイクです。

article-image

FUTURE SHOCK 2.0

そもそも、Future Shockは石畳を走るために開発されましたが、荒れた道路、砂利に厚く覆われたグラベル、ガタガタのダートを走るのにもぴったりのテクノロジーであることは言うまでもありません。Future Shock 2.0は調整式の油圧ダンパーを備え、確実な操作を可能にしつつ、手、腕、肩を路面振動による疲労から守ります。

必要なものを、必要なときに取り出せる場所に

EVERYTHING YOU NEED,
RIGHT WHERE YOU
NEED IT

新型DivergeのSWAT ストレージなら、ポケット内のギアをフレームの下部に収納することができ、ハンドリング性と快適性の向上を見込めます。エイドステーションをそのまま過ぎ去る時でも、あるいは見知らぬ土地でのライドに持っていくギアを増やすことができます。 SWATポッドにより、中身を濡らすことなく整理できます。

必要なものを、必要なときに取り出せる場所に

EVERYTHING YOU NEED,
RIGHT WHERE YOU
NEED IT

新型DivergeのSWAT ストレージなら、ポケット内のギアをフレームの下部に収納することができ、ハンドリング性と快適性の向上を見込めます。エイドステーションをそのまま過ぎ去る時でも、あるいは見知らぬ土地でのライドに持っていくギアを増やすことができます。 SWATポッドにより、中身を濡らすことなく整理できます。

速さ、走破性、軽さのどれもが最高

Super Fast, Super Capable, Super Light

わずか1000g以下の新型Divergeのフレーム(SWモデル:サイズ56)は、クリアランスの狭い、余計なものを削ぎ落としたグラベルレースフレームよりも軽量でありながら、走破性に優れています。上り坂もレースも、あるいはパックとフェンダーを付けての長距離ライドも、他のグラベルフレームより速くて軽い新型Divergeにおまかせください。

速さ、走破性、軽さのどれもが最高

Super Fast, Super Capable, Super Light

わずか1000g以下の新型Divergeのフレーム(SWモデル:サイズ56)は、クリアランスの狭い、余計なものを削ぎ落としたグラベルレースフレームよりも軽量でありながら、走破性に優れています。上り坂もレースも、あるいはパックとフェンダーを付けての長距離ライドも、他のグラベルフレームより速くて軽い新型Divergeにおまかせください。

GRAVEL GOODS

グラベルライダーが走るのと同じだけ好きなのは、ギアトークでしょう。タイヤ、ヘルメット、シューズ、シャモアなど、ギアがライドを支えていると言っても過言ではありません。

GRAVEL GOODS

グラベルライダーが走るのと同じだけ好きなのは、ギアトークでしょう。タイヤ、ヘルメット、シューズ、シャモアなど、ギアがライドを支えていると言っても過言ではありません。