Let’s Work Together

The Mixtape Collection

今やデジタルでプレイリストを作る時代ですが、かつてはカセットに好きな音楽を録音したミックステープを交換し合っていた時代がありました。誰かの頭の中を覗き込み、その人が選んだ曲を聞くという、親近感にも通ずるワクワクとドキドキが交錯していたのです。ある曲に没頭したり、影響を受けたりするのはよくあることでした。スペシャライズドのデザイナー、ケイラ・クラロットは、そんな人とのつながりを得るため、その親近感のような感情を実際に触れられるデザインにしました。それが、Mixtape Collection。今の時代にライダーとライダーをつなげるコレクションです。(スタンプジャンパー・ディバージュ・ギアは日本未展開)

Let’s Work Together

The Mixtape Collection

今やデジタルでプレイリストを作る時代ですが、かつてはカセットに好きな音楽を録音したミックステープを交換し合っていた時代がありました。誰かの頭の中を覗き込み、その人が選んだ曲を聞くという、親近感にも通ずるワクワクとドキドキが交錯していたのです。ある曲に没頭したり、影響を受けたりするのはよくあることでした。スペシャライズドのデザイナー、ケイラ・クラロットは、そんな人とのつながりを得るため、その親近感のような感情を実際に触れられるデザインにしました。それが、Mixtape Collection。今の時代にライダーとライダーをつなげるコレクションです。(スタンプジャンパー・ディバージュ・ギアは日本未展開)

「私たちは一人ひとり、まったく違う。でも、唯一の共通点が音楽。どんなジャンルでも、Mixtapeは最高のライドを計画して、一緒に走りたいと思う人とシェアしなよってあなたに呼びかける。女性のためだけのバイクコレクションが作りたかったから、彼女たちを結びつけることに焦点を当てたの。」

—ケイラ・クラロット、主任デザイナー

Ramones

「自分にとって、ラモーンズと言えば、『ロケット・トゥ・ロシア』。古さを感じさせない、パワフルな曲。自分と同じ仲間や、一緒にいると落ち着くコミュニティーを見つけたらって歌っているみたい。」

—スター・ウォーカー、製品マネージャー

T-Rex

「『電気の武者』は、大人になって初めて出会った、これぞロックっていうアルバム。マーク・ボランの力強さをバイクで表現できたら、最高ね。」

—リア・グラス、ソーシャルメディア担当

No Doubt

「自分の人生についてなんて、考えずにはいられない。だから『トラジック・キングダム』を聞いて、ゆっくりまったりしよう。それは、バイクに乗るときだって同じ。くだらないことを考えるのはやめて、走りを楽しむの。」

—ジュリー・ベルトーリ、マーケティングイベントマネージャー

SZA

「SZAのアルバムを聞くと、20代の頃を思い出す。今の自分を作り上げた過去に包まれ、明らかに時代遅れのものを手放そうとしつつ、未来を自信満々に見つめようとする。でもすぐに、すべてのことに問いをもつようになるの。SZAは、声を上げないことをよしとしない、すごくクリエイティブで熱い人。とても共感できるわ。」

—ケイラ・クラロット、主任デザイナー