メーガン・ガルニエの飛躍的な一年

メーガン・ガルニエは落ち着き、リラックスした様子です。女性レースのカレンダーで最大となるステージレースの始まりを待ちわびています。チームが泊まるホテルのロビーの、天井の高いオープンラウンジエリアで、彼女と会いました。今シーズンのことを大まかに話し合いたいと伝えると、彼女は大きな笑みを浮かべました。

スロベニア リュブリャナ。この日は2015年ジロ・ローザ幕開けの日--第0ステージと言ったところ--であり、アメリカ人のメーガン・ガルニエは落ち着き、リラックスした様子です。女性レースのカレンダーで最大となるステージレースの始まりを待ちわびています。チームが泊まるホテルのロビー、正確には話し声が聞こえ、エレベーターの到着音が鳴るたびにプロサイクリストが一���に到着する、天井の高いオープンラウンジエリアで、彼女と会いました。今シーズンのことを大まかに話し合いたいと伝えると、彼女は大きな笑みを浮かべました。

メーガン・ガルニエの飛躍的な一年

「私が得意なものがあるとすれば」と、彼女はクスクス笑いながら言いました。「それはおしゃべりね」。

彼女の素晴らしいユーモアはすぐに伝わり、彼女の笑顔に触れると、会話の話題はすぐさまチームのあだ名へと変わりました。

「ダニ���はあだ名をつける達人ね」と彼女は言います。「私のことをカリメロと呼ぶの。アニメの小さな鳥のこと。この鳥は、成長することを忘れたから、頭に卵の殻を被っている。おまけに私はチームで一番背が低いから…。とにかく、その鳥はこう言うの。不公平だよ、君は大きくて���僕は小さいって。ダニーにはプロトンで巨人に囲まれた私が、不公平だよ、と言っているように見えるみたい(ダニー・スタムはボエルス-ドルマンスのチーム監督かつ名付けの達人であり、タイ���トライアル用ヘルメットを被ったメーガンを見てそれを思いついた、と私に言いました���その後、定着したのです)」。

彼女のあだ名がそのようなストーリーから生まれたというのは頷けます。今シーズンの展開は、物語のようだったからです。この小柄ながらもパワフルなライダーが、期待はされていないながらも、こんなに飛躍した一年を手に入れたので、なおさら頷けます。

この名誉あるレースの初となる女性版レースで、優勢を見せて単独勝利することになったのは、ストラーデ・ビアンケがその始まりだと言えるでしょう。そのパフォーマンスは、ガルニエらしい���定した���タイル、つまり辛抱強さと決意という、二つの特質を持っていました。先頭から単独で逃げ切り、周りに誰もいない中で拳を突き上げてのゴールをする彼女の写真は、親であれば暖炉の壁に掛けるはずです。大きな笑みを浮かべてゴールする、圧倒的な優勝でした。ストラーデとグランツールなどを比べたら、優勝した時の感じ方は異なるのでしょうか?

「ワンデイレースで勝つのは特別なこと」と、彼女は言います。「だって、たくさん練習して、いつも勝つことを考えているんだから。どんなワンデイレースでも優勝なら、あなたが最初にゴールする人でしょう。総合優勝と少し違うのは、すべてのステージで勝つ必要がないからよ。ワンデイレースには、ゴールに一番乗りするという、ワクワク感がいつもあるの」。

「そしてあれ--女性初のストラーデ--は信じられない優勝だった。未だに信じられないわ。ヨーロッパのワンデイレースでは初めての大きな優勝で、私のサポーターは、ホッ���胸を撫で下ろしたはず。ほら、彼女がついにやったぞ、彼女ならやれると僕らが信じていたことを成し遂げたんだ、一生懸命頑張っていたからねって」。

そのような勝利により、彼女の気持ちはどう変わったのでしょうか? それがメーガンの運にどのような影響を及ぼしたのでしょうか?

「残りのシーズンに、大きな自信が付いたわ。単独優勝は、あ���たには力が���るという���信を与えてくれるの」と、彼女は続ける前に、その時のことを思い出していました。「他のレーサーが、じゃあ彼女を勝たせてあげよう、と諦めたわけじゃないからね。皆、私を追いかけていたわ。それでたくさん自信が付いたの」。

この自信は強さを保ったまま、バスク地方のエマクメーン-ビラでのステージや全米ロード選手権の���彰台に彼女を推し進めました。複数日のレースでのステージ優勝はどうでしょう? ワンデイレースと比べて、どう感じるのでしょうか?

「ステージレースでは、勝利の意味合いが少し異なると思う。ここ���で気持ちは上がらないから、嬉しさは少し弱めね。一方ストラーデや全米選手権では、このレースに勝ち���いって思えるの。でもステージレースでは、まだ五回も勝つチャンスが残っている、となる(笑)。優勝をどう望むか次第ね。そして勝ったとしても、まだ明日がある、次はどう勝とう? あるいは、明日のチームの作戦は何だっけ、という感じ」。

「つまり、優勝を噛み締め、お祝いするほどの時間がないのよ」。

どの���イダーも母国のチャンピオンになり、ナショナルカラーのウエア(メーガンの場合は赤白青)を着ることに夢を抱く、というのは大げさではありま���ん。そしてジロで大胆なパフォーマンスを見せる--それはこのインタビュー前の出来事--前に全米王者となったことは、今シーズンで二番目に大きな結果でした。その勝利はどう比較されるでしょう?

「全米選手権で勝つのは私にとってより現実的ね。2012年に一度勝っているし、������後���数���はくすぶっていたから、もっと勝ちたくなった。ある意味、二度目の優勝が最初のも本物だったと証明してくれたの。最初に勝った時は、たまたまラッキーだったのかも、まぐれよ、という感じ。でも二回目はこう。ワオ、これは実力ね」。

考えながら、彼女は続けます。「だから私は今回、星条旗のジャージに身を包みたいって思うの」。

ピンクの可愛い女の子

二週間後のフランス。イタリ���街の狭い道や曲がりくねった山道の端に並んだ観衆からの声援はなくなり、メーガン・ガルニエは���つ���いでいます。今は夫の隣で、最近購入したという静かな家でリラックスする時期なのです。勝利を���いかけた時間の反動といったところです。

六日間とは、ガルニエは誰もが憧れるマリアローザを着て過ごした時間です。

緊������た���プリントの勝利により、第二ステージ終了後に初のピンクジャージを獲得しました。その後の毎日は、ボエルス-ドルマンスの女性レーサーたちが酷暑と���しい山岳ステージを争い、ジャージを守りまし���。日を追うごとに彼女たちは成功し、個人タイムトライアルでついにジャージを失うまで、ガルニエは多くの貴重なポイントを稼げるだけ稼いでいったのです。レースが終わってみると、彼女はマリアローザを着て数日過ごし、ステージ優勝と総合ポイント賞のジャージを手に入れ、総合三位に輝きました。

���マリアローザを着た六日間は、チームにとってとても楽しかった」と、彼女は言い、楽しかったものの、荷が重かったとも付け加えます。「ボエルス-ドルマンスの皆はピンクジャージを守るために頑張っ���くれたのに、タイムトライアルでそれを手放した時は、とてもがっかりしたわ���。

彼女が全力を尽くさなかったわけではありません。そのレースで彼女の全力を捉えていない写真は一枚もないのです。三ステージ連続で、彼女はスプリントをして、総合優勝の夢を繋ぎ止めました。これこそ彼女の知られる安定さと粘り強さなのです���タイムトライアルでジャージを失ったことによる落胆は、彼女の気持ちに残りましたが、時間と闘い、できる限りの手を尽くしたという満足感があったことも事実です。

「イタリアの道路には持てる全てをぶつけてきたわ。だから誇りに思えるの。ありがたいことに、チームメイトはタイムトライアルの試練と苦しみを理解してくれていて、その日も私を支えてくれたわ」。

MEGAN GUARNIER

三ステージ連続で、彼女はスプリントをして、総合優勝の夢を繋ぎ止���ま���た���こ���こそ彼女の知られる安定さと粘り強さなのです。タイム���ライア���でジャ���ジを失ったこ���による���胆は、彼女の気持ちに残りましたが、時間と闘い、できる限りの手を尽くし���という���足感があったことも事実です。

「イタリアの道路には持てる全てをぶつけてきたわ」と���彼���は言い���す。「だから誇���に思えるの。ありがたいことに、チームメイトはタイムトライアルの試練と苦しみを理解してくれていて、その日も私を支えてくれたわ。レース結果にも満足しているし、最も特別なのはその結果をチームと共有できたこと。チームメイト全員がそれを可能にし、私に力を与えてくれたの」。

「ほら」と、彼女は付け加えます。「ジロっていうのは、厳しい戦いになるぞ、と思っていても、想像以上に難しくなるレースだと思うの。今年の暑さは堪え難かったけど、チームメイトがレースの間ずっと、私に水分補給してくれたのよ」。

残りのシーズンがどうあれ、今シーズンはあることを確かに証明しました。それは、カリメロの大きさが不利にはならない、ということ。メーガン・ガルニエの飛躍的な一年では、不���になっていないのです。

「おしゃべりしすぎた?」と、笑���ながら彼女���尋ねました���

いいえ、ち���うど良い内���でしたよ。