ROVAL CLX 50 DISC - リア

スペシャライズドはCLX 50の開発開始にあたり、明確な目標を設定しました。それは、深さ45〜55mm、最高のエアロ性能を備え、重量1400g以下の非常にワイドなホイールとすること。この『夢のホイール』の実現には、CLX 32で開発した重量削減のテクニックと、CLX 64のエアロ性能を取り入れる必要がありました。

スペシャライズドはCLX 50の開発開始にあたり、明確な目標を設定しました。それは、深さ45〜55mm、最高のエアロ性能を備え、重量1400g以下の非常にワイドなホイールとすること。この『夢のホイール』の実現には、CLX 32で開発した重量削減のテクニックと、CLX 64のエアロ性能を取り入れる必要がありました。

スペシャライズドはCLX 50の開発開始にあたり、明確な目標を設定しました。それは、深さ45〜55mm、最高のエアロ性能を備え、重量1400g以下の非常にワイドなホイールとすること。この『夢のホイール』の実現には、CLX 32で開発した重量削減のテクニックと、CLX 64のエアロ性能を取り入れる必要がありました。 いかなる耐久性も損なわずに、あらゆる軽量化を実施。そこから、ホイール深さ数種類をあらゆる角度から研究し、スペシャライズドの厳しい重量と剛性目標を満たすには、ホイールが深すぎると大きな賭けになると判断。こうして、深さを50mmに決定したのです。 深さを決めた後、数値流体力学を用いたコンピュータモデリングにすぐさま取り掛かり、CLX 50をできる限り速くし得るリム形状をいくつか導き出しました。これにはある程度の時間を要しましたが、リム形状を3種類に絞り、これらをCNC加工したのちホイールを組み立て、独自風洞施設のウィントンネルに持ち込みました。ウィントンネルでは、タイヤが性能に大きな影響を与えるため、100PSIのスペシャライズド S-Works Turbo 24C タイヤ(測定幅は26mmまで)を履かせたスペシャライズドとライバル社製のあらゆるホイールをテスト。バイクに取り付けた状態ではなくホイール単体でのテストは不正行為と捉えられることもありますが、長年のテスト経験から、バイクとホイール、そしてホイール単体をテストしても結果が変わらないことを知っています。 私たちの軽さへのこだわりを支える最適なリム形状を確定し、有名なセラミックスピード社製ベアリング、12x142mm スルーアクスル、DTスイス・240 インターナル採用のAero Flange(エアロフランジ、AF)ハブと、21本のDTスイス・エアロライトスポークでそのリムを組みました。そして最終確認のテストを経て生まれたのが、深さ50mm、1415gのクリンチャーホイールセット。このホイールは、同じ深さのライバル製品より最大で100g軽いだけでなく、そのカテゴリーのどのホイールよりもあらゆるテストで速さを大幅に上回っています。
  • リムタイプ:カーボンクリンチャー
  • リム素材:カーボン
  • 制動面:ディスクブレーキ専用
  • リム深さ:50mm
  • リム幅:内幅20.7mm、外幅29.4mm
  • スポークパターン:1クロス/2クロス(2:1)
  • スポーク数:24本
  • スポークタイプ:DTスイス・エアロライト、Tヘッド
  • ニップルタイプ:DTスイス・プロ・ロック 六角
  • リアハブ:Roval AFD2、センターロック、セラミックスピード社ベアリング、DTスイス240インターナル、11速、QRまたは142x12mmスルーアクスルエンドキャップ
  • 組み立て方法:手作業で組み立て
  • その他:パッド入りのRovalホイールバッグ、Rovalスチール製QR、142x12mmスルーアクスル、QRエンドプラグ
  • 重量:770g
地図をロードしています...

Please contact your Specialized retailer to confirm availability.

ROVAL CLX 50 DISC - リア

Part No:

大変申し訳ございません。ご指定の範囲では、取り扱い店舗はございません。

Checking available inventory...