DESTINATION TRAIL: GERMANY

今回のDestination Trailのエピソードでは、ダニエル・シェイファーとジョン・バッケルが6Fattie Stumpjumperに乗り、ドイツ ミュンヘン郊外のバイエルンアルプスにある、岩だらけのトレイルを走ります。

DESTINATION #7

GERMANY

今回のDestination Trailのエピソードでは、ダニエル・シェイファーとジョン・バッケルが6Fattie Stumpjumperに乗り、ドイツ ミュンヘン郊外のバイエルンアルプスにある、岩だらけのトレイルを走る様子をお届けします。

このコンビはアルプスに到着する前に、毎年好例のオクトーバーフェストによりもたらされたその地域周辺の大混乱をうまく切り抜ける必要があります。毎年、ビールとソーセージへの飽くなき欲求を持った多くの人々が、すでに混雑した主要都市に群がるのです。

従って、この大混乱から逃れるために、ダニエルはジョンに地元の秘密をご紹介します。それは、イザール川に沿ったトレイルの壮大なシステムであり、その群衆からほんの数分離れた場所に存在しています。ここから、グループはその高所へと向かい、オーストリアとの国境に沿ったアルプスに古くから存在するトレイルを走ります。3人は一緒に、最も壮大な景色、長きに渡る歴史、そしてドイツの誇る最高のライディングを楽しみます。

ダニエル・シェイファー&ジョン・バッケル

ダニエル・シェイファーは、趣味のスポーツとして始めたものが、すぐさま人生の中心となりました。12歳以降、ダニエルはデュアルスラロームからダウンヒルまで、あらゆる走りやレースをしてきました。最近の彼の焦点は、ガイド、指導、イベント運営、フィールドでの製品テストです。

南カリフォルニア出身のジョンは、16歳のときにマウンテンバイクを乗り始めました。その後すぐに、彼は下り系のレースで経験を積み、スノーサミットやサウスリッジ・レースシリーズに参戦するようになりました。2009年までに、彼はオープン/プロカテゴリーにまで登りつめ、以来上達し続けています。

アッパーバイエルンアルプス、キームガウ&ミュン���ン、イザール川トレイル

ミュンヘン中心地から約1時間半、アッパーバイエルンの山麓地域はオーストリアの国境に跨がっています。ここは新石器時代からケルト人、古代ローマ人、ババリア人まで、記録に残っているほぼすべての時代の民族が住んできたという、名高い歴史を持っています。しかしこの歴史よりもさらに重要なのは、ここには標高2000mの山頂や波打つ地形の草原、数々の湖、そして他には見られない土壌やトレイルがあるということです。この地域特有なものとして、ライダーたちは小さなドロップから、人目を引くステップアップまで、ひたすら続く岩に出くわすので、タイヤの空気圧とトラクションへのちょっとした配慮がライドをより良い経験にします。このため、グループはSpecializedの新型6Fattie Stumpjumperに乗ることにしました。

人口約150万の主要都市が、世界レベルのトレイルネットワークを有するとは思いもよらないですが、ミュンヘンはそのような都市であると断言できます。街の中心地から数分で、イザール川沿いの森の中を通る多くのトレイルを見つけられます。一帯に延びるこれらのシングルトラックは、木の根やロックセクションのあるテクニカルなものから、ミッド〜ビッグトラベルバイクが活躍する、十分な助走区間を持つ流れの良い最高の土質のトレイルまで、豊富なライディングを提供します。もしあなたが私たちのように、オクトーバーフェストに圧倒されたとしても、極上のトレイルがいつもすぐそこで待っているのです。