Venge

世界最速のバイクを作ろうと思ったら、フレーム形状を微調整したり、既存の技術に頼ったりするだけでは不十分です。Vengeは、何年もの開発作業と、自社の風洞施設Win Tunnelでのテストの繰り返しを経て誕生しました。個々のパーツもWin Tunnelを利用して開発し、それらの組み合せが優れた空力学特性を生み出すよう作られています。つまり、フレームも、シートポストも、ブレーキも、Aeroflyハンドルバーも、全部合わせた時に個々のパーツの合計よりももっとスピードを出せる形状になっているのです。